安心・安全を守り抜くための
徹底した強さ
マンションライフを守り支える
安心システムを完備

ザ・サンパークシティ守恒の
耐震基準

いつまでも安心してお住まいいただくため、「ザ・サンパークシティ守恒」では耐震への取り組みを徹底。
溶接閉鎖型フープや耐震壁のダブル配筋などさまざまな耐震技術を採用し、高レベルの耐震性能を確保しています。

  • 溶接閉鎖型フープ

    溶接閉鎖型フープ

    コンクリートの拘束性を高める帯筋に、粘り強い溶接閉鎖型フープを採用し、地震時の主筋のたわみを防止します。

  • 耐震壁のダブル配筋

    耐震壁のダブル配筋

    地震時に建物にかかる水平力のほとんどが作用する耐震壁に、よりねばり強さを発揮する二列配列のダブル配筋を採用しています。

  • 遮音&断熱&結露防止の外壁・戸境壁

    遮音&断熱&結露防止の外壁・戸境壁

    躯体のコンクリート厚を、外壁150mm、戸境壁200mmに設定しました。また、外壁部には断熱材を入れ、断熱性、省エネ効果を高めるとともに、結露の防止にも努めています。

  • コンクリートかぶり厚

    コンクリートかぶり厚

    鉄筋を雨から守るコンクリートの厚み「かぶり厚」は、法律で[外壁20㎜、その他の部位30㎜〜40㎜]の厚さが義務づけられています。外壁にも30㎜〜40㎜のかぶり厚で建物を保護しています。

  • 遮音性能を備えた二重床・二重天井構造

    遮音性能を備えた二重床・二重天井構造

    上下階住戸へ生活音の伝わりを軽減するため、床スラブ厚を200mm確保。さらに、置床式二重床を採用することによって、遮音性に優れた建物構造を目指しています。

安定した支持地盤を示すN値

安定した支持地盤を示すN値

N値とは

“地層の硬軟”を示す値。ボーリングする際に重さ63.5kgのハンマーを75cm落下させて試験用サンプラーを、30cm土中に打ち込むのに要する打撃回数をN値という。この値が大きくなるほど地層は硬い。関東ローム層のN値は3~5程度、軟弱な沖積粘性土は0~2程度である。中高層建築物の基礎は、一般にN値30~50以上を支持層としている。

  • 補強筋がひび割れを防止

    補強筋がひび割れを防止

    窓などの開口部周辺には、四隅に補強筋やメッシュ補強を追加することで、ひび割れに対する補強効果をはかっています。

  • 対震玄関ドア

    対震玄関ドア

    地震で玄関のフレームが変形しても、玄関ドアが開く対震ドア枠を採用。万一の住戸内への閉じ込めを防ぎます。

  • 耐久性の高いコンクリート

    耐久性の高いコンクリート

    マンションの主要構造体である柱や梁に、24〜33N/㎟のコンクリートを採用しました。緻密で劣化しにくく、耐久性の高いコンクリートです。

  • 水セメント比

    水セメント比

    水セメント比とは、コンクリートの配合におけるセメント量に対して加える水の重量比。数字が低いほど、水の量が少なく強度の高いコンクリートになります。水セメント比を55%以下に設定することで、コンクリートの収縮を低く抑えています。

  • T-1サッシ

    T-1サッシ

    住戸の窓(共用廊下側以外)には、JIS規格で規定されたT-1等級の遮音性能を持つサッシを採用。外部からの中・高音域(500Hz以上)の音を約25デシベル程度、減少させることができ、静かな安らぎをもたらしてくれます。

  • パイプスペース遮音対策

    パイプスペース遮音対策

    排水管は、周りにグラスウール25mmと遮音シートを巻き、音が伝わりにくいようにしています。

  • 仕口部の帯筋は10cmピッチ以内

    仕口部の帯筋は10cmピッチ以内

    柱と梁が接合されている部分仕口部の帯筋間隔を10cmピッチ以内で配筋。地震の揺れによるひび割れを防ぎます。

  • フルフラット仕様
    フルフラット仕様

    フルフラット仕様

    つまづき・転倒の危険性を解消
    小さなお子さまやご高齢の方にとっては、3㎝程度のちょっとした段差でも転倒の原因になりかねません。そこで、玄関を除いて住戸内の段差をなくし、つまづきにくいフルフラット仕様を採用しました。